結露・湿気でお悩みの全ての方へ、サメジマヒトシの「珪藻土メルシー」がお悩みを解決します!

施工上のご注意

下記事項に留意して工事を行って下さい

保管方法

  1. 施工前の保管には十分留意して下さい。
  2. 桐材は湿度が60%以下で保管して下さい。
  3. 水がかかるところでは、保管しないで下さい。

施工方法

注意事項

  1. 無垢材ですので、伸縮する恐れがあります。湿度の低い状態で施工して下さい。湿度の高い状態で施工すると、将来隙間の出る恐れがあります。※湿度が70%以上での施工は避けて下さい。
  2. 砂、金づち、脚立の脚などに注意し、厳重な養生をお願いします。原則的に、土足厳禁にして下さい。石膏ボードの粉等、粒子の細かいものは除去不能になる場合がありますので特に注意して下さい。

床 材

根太はW=40mm、H=45mm以上、下地合板はT=12mm以上を使用して下さい。

  1. 床厚さ9mmの場合:根太間隔は303mm以下
  2. 床厚さ12mmの場合:根太間隔は303mm以下
  3. 床厚さ15mmの場合:根太間隔は303mm以下
    (直接張る場合は根太間隔mm以下)
  4. 床厚さ15mmの場合:根太間隔は303mm以下
    (直接張る場合は根太間隔mm以下)
  5. 床材はタッカーと接着剤を併用して下さい。
    ※音なりや反りの原因をおさえます。
  6. 当て木は床材と同材を用いて下さい。
    ※堅木で強く施工すると実や床材を傷めます。
  7. 床材の上には直接工具を置かないで下さい。

壁・天井

  1. 胴縁下地の場合:厚さ21mm以上を使用し、303mm以下の間隔で接着剤を併用して下さい。
  2. 合板、ボード下地の場合:下地を止めるビスは、150mm間隔でしっかりと固定して接着剤を併用して下さい。
  3. 構造体や下地材の裏には、断熱材や防湿シートで桐材に湿気が当たらないように留意して下さい。(下地部分に湿気があると、表面にシミやアクが出ることがあります)
  4. 表面の仕上げは、汚れ止め処理をして下さい。
    ※呼吸性のあるものを使用して下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 044-820-8117 受付時間 10:00 - 16:00 (土・日・祝日除く)

「メルシー」注文フォーム

FAXでのご注文はこちら

資料請求(パンフ/塗見本)


各種パンフレット・珪藻土の塗り見本等の資料請求はこちらからご請求ください。

EMMAXオンラインショップ

代表者ブログ


珪藻土の施工事例やメンテナンス、その他の製品について紹介している鮫島均のブログです。
PAGETOP