結露・湿気でお悩みの全ての方へ

メンテナンス方法

汚れ・へこみ・傷のメンテナンス方法

凸凹の傷の場合


キズの部分に熱湯をかけて、そのまましばらく放置します。
桐が水分を吸収して膨らんできます。(戻りが悪ければ再度行って下さい)多少段差が残って気になる場合は、すり傷の場合のメンテナンスを参照して下さい。

しょうゆなどの汚れの場合


しょうゆ・お酒・牛乳等をこぼしてしまった場合や、汚れを付けてしまった場合には、早めに拭きとって下さい。

クレヨンなどの汚れの場合


うすめ液(洗浄液)を布等に染み込ませ、塗り込むように拭き取って下さい。

落ちにくい汚れやすり傷などの場合


No.1
汚れ(すり傷)の部分を#180~#240程度の市販のサンドペーパーで、なめらかな表面になるまで研磨します。(少し広めに研磨して下さい)
ツヤまたは色が薄い場合は、翌日No2と同じ手順で塗装して下さい。


No.2
ハケまたは布等に同じ色のオイルを付け、すり込むように塗装して下さい。5~10分後に拭き取ります。

掃除について

ほこり、ちり等は掃除機で吸い取って下さい。(ただし、あまり強くごしごしやりすぎると傷が付き易いのでご注意下さい)
多少汚れが目立った場合は雑巾を強く絞って水拭きして下さい。化学薬品の付いたモップ等は使用しないで下さい。(雑巾でなくても、化学薬品の付いていないシートなどで拭いてもかまいません)

■お気軽にお問い合わせください。044-820-8117受付時間 10:00-16:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら湿気・結露でお悩みの方に。

お気軽にお問い合わせください TEL 044-820-8117 受付時間 10:00 - 16:00 (土・日・祝日除く)

資料請求(パンフ/塗見本)


各種パンフレット・珪藻土の塗り見本等の資料請求はこちらからご請求ください。

EMMAXオンラインショップ

代表者ブログ


珪藻土の施工事例やメンテナンス、その他の製品について紹介している鮫島均のブログです。
PAGETOP